スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
超音速の貴婦人・・・コンコルド
3月2日はコンコルドのお誕生日であった。



1969年3月2日初飛行に成功した日。
それからエールフランス便では2003年5月に運航停止されるまでの34年間働き続けた。運航停止になった理由は皆さんご存知のように2000年7月パリのシャルル・ド・ゴール空港での炎上墜落の大事故である。

大事故で運航停止という以前に、コンコルドは超音速で飛ぶため燃費が悪くそのため運賃はファーストクラス以上の価格で庶民の私なんかにはとても乗れるような旅客機ではなかった。
空席状況はどんな感じだったのかわからないが満席というわけではなかったのだろうと思う。エールフランス便ではパリ−ニュー・ヨークとパリ−リオ・デ・ジャネイロと2つの航路があったようだが、どれだけ採算が取れていたのだろう?
いくら一人100万円以上の運賃を払っても乗れるのはたったの100人ほど、しかも音速の2倍のスピードで飛ぶコンコルドは乗客1人あたり1トンの燃料が必要なようだ。今の時代なら燃料サーチャージいくらいるのか恐怖。対照的にボーイング747(いわゆるジャンボ機)では燃料はもう少し多く120トン必要なものの乗客は400人以上、どれだけコンコルドが採算悪いかわかりますね。



それでも人々はコンコルドが好きだった。
2003年の最後の運航では多くの人が記念に搭乗し、搭乗しない人も空港で泣いていた様子がTVニュースで流れていた。運航停止になって5年以上も経つ今年の『お誕生日』前後もコンコルド機のドキュメンタリー番組が放送されていた。

私とほぼ同い年、老朽化に伴いメンテナンスには莫大な費用がかかったそうだが34歳での引退。航空機としてこの寿命が長いのか短いのかわからないが延べ飛行時間12000時間、世界中の空軍機を合わせたよりも長い時間飛行していた超音速機がたったの1回(こういう言い方は適切ではないが)しかもその事故原因になったのは他の旅客機が落とした部品を踏んでタイヤがパンクしたこと、しか事故を起こさなかったのはとても優秀な機体なのではないかと思う。

そんなコンコルドに同情?愛情?の気持ちを持つフランス人は多いようです。
飛行機大好き人間としては一度乗ってみたかったなぁ。。。コンコルド。

『飛行機』をフランス語にするとavion(男性名詞)なのでコンコルドもle concordeと呼び、男性形になるがなんとなく『貴公子』ではなく『貴婦人』と呼びたくなる流線型の美人でした。

コンコルドとは・・・wikipediaへ
エッセイ * essai | - | -
スポンサーサイト
- | - | -
Search this site :