スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
10年


早いもので、あれから10年経ちました。

あっというまの10年でした。

この10年、実に色々な事があったのですが

大した困難もなく

こうやって「あっというま」と感じることができるのも

自分たちはたいした努力もせずにすみ

実は周りの人たちの影なる支えがとても大きかったのだと

あらためて感じます。

家族の皆さん、友達たち、本当に本当にありがとう。

いつか皆に与えてもらった気持ちを

ちゃんとおかえしできますように。

これからも3人で頑張って行きますので

末永く見守ってください。

2012年2月3日

ひとりごと * monologue | - | -
今年の抱負。それはそれ、これはこれ。


みなしゃんあけましておめでとうございます〜
ぐうたらモナ子&ネエちゃんは
すでに2週間ちかく過ぎた今年も元気にやっておりますです。

今年一発目のエントリはせっかくの13日の金曜日なので
2012年の抱負でも書いてみようかと・・・

いよいよ、今回の在仏ももうすぐまる4年
前回のを合わせると、計6年も
フランス人と道路の糞尿にまみれて暮らしていることになります

最初の頃は、いぢわる仏蘭西人のアタックを受けて
悔しくて家でダンナに愚痴って泣くことも多かったココでの生活ですが

最近では理不尽な言い掛かりをつけてくるオッサンやオバハンに
「鼻に指突っ込んで奥歯ガタガタ言わしたろか!しばくどワーレー」
とけっこう言い返せるようになり
それほどストレスも溜まらず暮らせるようになりました

やっぱり「郷に入れば郷に従え」

when in Rome, do as the Romans do

であります。フランス語版は知りません

と言うより

when in front of the Romans, do as the Romans do

だと思う。
ちゃんとした礼儀をわきまえてる人には
それなりに対応しないといけないし
失礼なヤツにはこっちも失礼をブチかましてやればいいのよ。
私は日本人だから慎み深く、礼儀正しくあらねばならない
なんて考えは無用の長物だわさ。

でも一つ忘れちゃイケナイのが、
日本に里帰りしてる間や
おフランスでも日本人の間ではこの考えを一切捨てること
やっぱり最低限の礼儀をわきまえてるのが当たり前な人たち
に対してはこれはエレガントじゃない。
日本人相手でも「おフランスモード」まっしぐら
な勘違い日本人がいるけどあれはただのヘンな人です。

普通に日本での社会人経験がある人たちの間では
「あの子、フランスで良かったねぇ。日本じゃ通用しないよ」
と言われることになります。

この二刀流を使いこなせるようになって
ずいぶん生活しやすくなりましたよ〜

てことで、さらに今年はココの人たちみたく
「それはそれ、これはこれ」
をどんどん実践していこうかと。

私は日常の生活でも
「自分だって完璧にできてないんだから人に注意できない」
なんて思って、わー言いたい!悶悶悶
という場面も多いのですが
幸せに生きるためにはそんなことも忘れて良いんじゃないかなぁ〜?
と最近思うようになりました。

ほんの一例

改装中の建物のファサードには景観を損なわない覆いが



モナ子:ネェちゃん、これなに?木の横からまた木生えてる・・・

しかし、道端にはお務め終えたツリーやトイレ
家具、なんでも捨てられておりますの

要するに、小さな事は気にすんな
自分のことは棚にあげて生きればよろし。

なんだと遅まきながら悟りましたよ。

今年は更に心穏やかに生活できますように・・・
ひとりごと * monologue | - | -
憎みきれないろくでなし〜♪


ヤツの名はパリ
こんなキレイな景色だったりするけど
嫌なところ丸出しで手加減無しで体当たりの武闘派
でもその反面、私がどんなコンディションでも受け入れてくれる
懐の深〜いヤツだったりします

例えば、失恋したり人生八方塞がりでもう死んじゃいたいくらい不幸な時
モルディブやハワイへ行って青空の下、幸せな人なんかを見たら
きっと不幸のズンドコ具合が10倍にも100倍にもふくれあがって
二度と立ち直れそうにないケド
(実際そうやって傷口に塩すり込んで帰ってきた友もあり)

そういう時、パリでどんよりした曇り空の下セーヌ川畔で
眉間にしわ寄せて歩く人見ながら
何時間もぼーっとしてたらどれだけ癒されることでしょうw

人間だってそう
嫌なヤツいっぱい居るんだけど、
なぜか人に意地悪しながらもドン臭かったり
変なところ優しかったりで憎めない人が多いの。。。

ハッどうしちゃった私?
パリが大嫌いで大嫌いで大嫌いでたまらなかったのに
在仏4年目にしてなんかちょっと好きになって来てるやんか・・

と言うよりも

キレイで臭くなくてスマートな人たちの居る国に暮らすよりも
臭くて、汚くて、意地悪で、ドン臭いこの街の暮らしのほうが
自分に合ってるかなぁと思えてきたのね〜。汗

こうやって在仏歴長くなっていくのかなぁ〜

嬉しいような悲しいような

10年後のワタシは何処で何をしてるんでしょうか?
ひとりごと * monologue | - | -
宇宙人 ジョーンズ
のCMが日本最大級のCMコンクールで
グランプリを受賞したらしい



常々思うのですが
日本のテレビ番組やCMは
もしかしたら世界で一番面白いのではないかと

ここフランスのテレビ番組は
アメリカの版権の安くなったような古いドラマや
アメリカンアイドルやXファクターのフランス版
や素人参加型のエリミネ番組ばかりだ・・・

それ以外は延々と続く討論番組

CMのほうは
商品紹介を前面に押し出した
何のひねりもないCMばかり
そういえば昔のCMってこんな感じだった

この宇宙人ジョーンズのCMも
2位になったグリコの25年後の磯野家も
昨年グランプリになったソフトバンクの白戸家も
商品はチラッと出てくるだけで
よく出来たドラマを見てるようだけど

それでいてちゃんと
商品がとても印象的に刷り込まれてる
よく出来たCMだと思う。

『おくゆかしさ』のなかにも
インパクトあり。
ひとりごと * monologue | - | -
superstitieuxse
 

いわしの頭も信心から・・・

と言いますが

魔女の血を引く(ウソ。サマンサのママには似てるけど。笑)

シャーマニズム大好きな姑から教えてもらった

悪運の払い方

お家でろうそくを灯すときは

必ず3本が良いそうですよ

お清めするのと同時に、

悪いものが入って来れないのだそうです。

それを聞いてから

ちょっとでも嫌なことが続くと

3本のろうそくを灯す私

私ってとってもsuperstitieuxse(迷信家)なのです。


ひとりごと * monologue | - | -
虐待から開放されて
 今日ネットでたまたまたどり着いたサイトで
6月ごろのコラちゃんの様子の写真を発見した
http://www.dragongate-pro.com/

里親さんに引き取られたとのことだったので
ちゃんとした家庭の庭にでも居るのかとほんの少しの希望を持ったが

檻には入れられ、太い首輪もはまっているものの
なんとなく人里離れた廃墟のように見えた。

これでもドラゴンゲートに居て虐待されていた頃よりは
コラちゃんは幸せと感じているだろうか?
孤独なように見えるけど肉体的、精神的な苦痛がないだけでも
以前よりは良い生活と思うべきなのだろうか?
冬はどうやって越すのだろうか?
一人で寂しくないか?

やっぱりそもそもの間違いは
安易な気持ちで野生のニホンザルを飼い始めたことだろう

野に放たれたほうが幸せか?
しかし野生を離れて10年も経つ今更
野生に帰すのも無理なのだろうか?

サル山のおサルを見ていても結構凶暴な子も居る
猿回しの方が教育されているのを見ても難しそうだ

サルは素人が安易に飼える動物ではないと思う・・・。

しかし、写真のコラちゃんは本当におとなしそう
こんな優しそうな子を虐待していたのだろうか。。。

サル以外にも安易な気持ちで変わった種の動物を飼おうとする人が居る
飼いきれなくなったワニを川にはなったりする人も居る

当たり前のことだけどちゃんと最後の最後まで面倒を見る気で
動物を飼うべきだと思う
大人なんだから最悪の事態や先々のことを考えて当然
そんなことも考えられない人は自分の人生にもその場しのぎの
無責任な生きかたをしているんだろうなと思う。



ひとりごと * monologue | - | -
バカは死ななきゃ治らない〜いっぺん死んでみたら?〜
この件に関しては冷静さを保てない私
下品な表現多々ありますがお許しを

 ざけんなよっ!

この謝罪会見
http://www.kamipro.com/news/?id=1251901046
記事を読んだときそんな感想しか浮かばなかった

10年の間、さんざん一匹の無力なサルをリンチし続けた大男集団が
今度は動物愛護を中心にボランティア活動を開始するそうだ。

はぁ?
ノータリンの脳みそではそんな単純な
その場限り的な繕いしか浮かばなかったのか。
おまけにこのおサルさんには一生涯バナナを送り続けるそうな。
勝手にせーよ・・・

もうね。
何でも勝手にしてくれたら良いから、
動物とかそういうことに関わってくれるなよと言う感じです。

日々汗水流して、色んなものを犠牲にして
動物愛護とかレスキューに関わってる人
どういう気持ちでこの言葉を聞いたのだろう?

そして現在のおサルさんの状況は

以前からコラの面倒を見たいと言っていた、選手の知人に飼育をお願いしました。また詳細につきましては、現在の飼い主の方が一切の公表を望んでおりませんので、これも弊社といたしましては個人情報の取り扱いの観点より公表は差し控えさせていただきます。

とのこと。
『個人情報』の意味わかっとんのか?

なんとなくね。
こんな無責任な子供のゴメンナサイのような会見を見てると

今ほんまにおサルさんが里親に引き取られ暮らしているのか?
もしかして怪我したまま山に放たれてるんじゃないか?
最悪、もうこの世に存在していないかも?


とか、色々な良くない憶測が頭をよぎります。
そもそも捜査した警察の方が
おサルさんの現状を確認しているのかも疑問。

ボランティアをするよりも
バナナを送るよりも
一番しなければいけないことって

コラちゃん(←この名前ふざけてるのであまり呼びたくない・・)を
心身ともに安心して暮らせる状況に置くこと
そしてそれを継続していることを今回この事件を目にして
心を痛めた人に伝えることじゃないのか


と思います。


すでに海外の色んなメディアでも取り上げられているようですが
日本の恥部をさらすのは恥しいですが
もっと世界に取り上げられても良いんじゃないかと思いました。
私もフランスのTV局に勤める知人にメールしてみたいと思います。

そして起訴を求める嘆願書を有志の方が作成されているようです
もし良かったらご協力お願いします。
http://loda.jp/cora/?id=2

彼らが起訴され、
こういうことは罪に問われるんだと示すことも重要なんですが

やはりコラちゃんの無事な姿を確認するのが最優先
それまでは加害者やこの団体を許す気持ちにはなれません。

参照させていただきました
http://onaminokai.exblog.jp/11863440/

mixiのコミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4427941

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4396701

そして色んな情報をフォローしてくれためぇさんありがとう。







ひとりごと * monologue | - | -
免許制にしてはどうか?
 昨日mixiニュースで初めて知ったんですが
日本ではまた動物の酷い虐待があったようですね

兵庫県のドラゴンゲートと言うプロレス団体が
何のためにか山で捕獲した猿を無許可で飼育し
10年間にわたり虐待をしていたそうです。

何のためにか?
自分たちの憂さ晴らしのためにでも飼っていたんでしょうか?
こういうことをやっている人がまわりに居て
オカシイと思う人が誰も居なかったのか?
恐ろしい団体です。
どういう興行をしているのか知りませんが
こんな団体のプロレスを子供も見ているのでしょうか?

猿と言うと人間に近い知能を持った動物・・・
虐待されている写真を見た時は本当に心が痛くなりました

昔起こった残忍なリンチ事件
『コンクリート詰め殺人事件』を思い出しました。
これは動物虐待と言うより、リンチに近いのではないかと。

この話題は今年3月ごろからネットでは話題になっていたらしいのですが
警察が重い腰を上げて(動物愛護団体も何も言わなかったのか不思議です)
書類送検をしたのがやっと昨日。

ネットで調べたところ虐待されていた猿はすでに
団体関係者の家に移されていると書いていましたが
こんなことする団体の関係者だと
現在この子が生きているのか?虐待されていないのか?
安心できたものではありません。。。

何もしてあげれないけどこの猿の現状を良くするには
こうやって一人でも多くの皆さんの目に付くこと
話題になることも大切だよね。。

日本という国では動物の命が本当に軽んじられているようでなりません。

前々から言っていますが、アニマルポリスが本当に必要だと思います
そしてコレだけの虐待をして書類送検?罰則も軽すぎるのではないでしょうか。

『プロレス団体』 『猿』 『虐待』
で検索すると色んな画像やこの団体のレスラーのブログにupされていた
おぞましい内容の文章もでてきます。

そして劣悪な環境のブリーダーなどで飼われている動物や
放棄される動物も後をたちません。

小さい頃、何か動物を例え金魚でも
飼いたいというたびに親御さんに
『最後までちゃんと面倒みるのよ!自分で世話するのよ!』
と教育されませんでしたか?

虐待はもとよりそんな基本的なことも出来ない
大人がのうのうと生きていて恥しいです。

たとえ小動物であっても申請&許可制にして
アニマルポリスが飼われている現状を見回る必要があるのではないでしょうか。

そこまでしないとペット飼えないほど私たちのモラルって
低下しているのですね。

参考にさせていただきました
http://onaminokai.exblog.jp/11395308/


ひとりごと * monologue | - | -
レートの神様
 レートの神様

って居るのかどうか知りませんが

日本への里帰りが決まってからどんどん下がり始めるユーロ

(今はユーロで稼いでますんで円が安いほうが得なのです)


思い起こせば

日本に居た頃、こっちへ里帰りする時期になると

いつも値上がるユーロ

私ってレートの神様に見放されてるような気がします



んー。。。

いつ頃が両替時かなぁ悩む。



ひとりごと * monologue | - | -
マリのマンゴ


ダンナのセネガル出身の知り合いが
マリ共和国から友達が遊びに来た手土産にもらったと言う
マンゴのおすそ分けを頂きました。

なんとこのマンゴちゃん
フランスに来る直前までそのマリ共和国の友人の
家の庭になっていたものらしいから新鮮間違いなし〜。

はるかアフリカ大陸マリからやってきたマンゴを手にして
島崎藤村の『椰子の実』を思わず口ずさんでしまった私
年がバレますわね(ちなみに習ったのは小学校時代ですよ。笑)



子供の頃から、長調のメロディとはうらはらに
悲しい歌やなぁ。。と思っていたんですが

今、異国の地に暮らす身となって改めて聴くと
自分の境遇と重なって
よりいっそうジーンと。。。

私のように海外に暮らし日本を懐かしむ皆さんは
同じような気持ちで聴かれるでしょうか



いずれの日にか 国に帰らん

と。
ひとりごと * monologue | - | -
Search this site :