スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
un nuage de lait, どんだけ〜?

我が家では毎朝そしておやつの時間には必ずダンナは
アメリカンコーヒー(しかもネスカフェのインスタント)を飲むのですが
先日、私がダンナのコーヒーを用意していた時のこと
ふと「ミルクどれくらい入れる〜?」と聞いたら

「雲ひとつぶんくらい」

と返事が帰って来ました。

???

雲ひとつと言われてもなぁ・・・
入道雲、いわし雲、何雲くらい入れたらエエの?
と考えてたら今度は
one cloud!と英語で来やがった(笑)
いや、言葉が理解できなかったのではなくて・・
ミルクの量って意外と難しくて(ワタシは)
入れすぎても少なすぎてもダメ

という訳で面倒くさいのでボンッとミルクのボトルごと
テーブルにお出しした(笑)

ダンナの説明によると
ミルクを少し入れて、モワワワーンとコーヒーの底から
上に少し広がる程度でカフェオレより少なめに
入れて欲しかったみたい
(そんな微調整できるかいっ!)

調べてみると、少量のミルクを入れる事を
un nuage de lait
とフランス語では表現するみたいですが
un peu de lait 
ではダメなのか?(笑)
 
まぁ文学的でキレイな表現ではありますが
とってもフランス語らしいなぁ〜と思いましたw

しかしめんどくさいやっちゃのう・・


これだってun nuage ですよってに!
或日のパリ上空、モンマルトルの丘より

nuage=雲
lait=ミルク
un peu=少量



カルチャーショック * culture shock | - | -
Toussaint
今日はToussaint(諸聖人の祝日)

西洋のお彼岸(?)とでも言う日

なのでフランスのお墓についてちょっくらお話をば・・・

欧米といっても米はあまりよく知らないのですが

フランスでは未だに土葬が主流のようです

だから私はこの西洋式のお墓がめちゃめちゃ気持ち悪い!

(だって石碑の下は・・・なんですもんね)

ウチの近所にも大きな墓地があるのですが

夜は怖くて近所を通れません〜

(ちなみに私お墓全般が怖いのではなく日本のお墓は夜でも全然平気!)

お墓に埋葬された方が土中で息を吹き返したとか

永代はとても高額で10年、20年と区切られて借りる人も多いとか
(ってことは10年後20年後に別の人が上から乗ってくるってこと?・・ )

色んな話を聞いてしまったので、もし万が一こちらで・・・

なんてことがあってもぜーったい火葬場を探して火葬して

日本に送り届けてくれ!とダンナに懇願しています(笑)

フランスでの葬儀マメ知識(フランスニュースダイジェストより)

墓場で死人が、と言えばMJのスリラーですが

そういえば今日、電話で母と話したとき

マイケル・ジャクソンの映画を見てきたよ〜

と言っておりました

(おばちゃん友達と行ったらしい。笑)

還暦を越えるおばちゃんでも見に行くくらい

日本ではブームなんでしょうか?(笑)

あんたも、絶対見に行きなさいよっ!と力説されました。(爆)

カルチャーショック * culture shock | - | -
Recent Entries
Search this site :