スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
とうとうこんなモノが
パリではスリやひったくりがとっても多いんですけど

先日、バスに乗ったらこんな注意書きが。


あなたの携帯電話は貴重なため

窃盗を誘発する可能性があります。

公共の場で使用する際は特に注意してください。

とフランス語、英語、ドイツ語(たぶん)

と日本語で書かれております。



近頃ほんっとうにパリの街が物騒になりました。

レストランで食事しているときも

ジプシーの子供たちの集団が入ってきて

テーブルの上に置いている携帯電話や

足元や椅子に掛けているバッグなどを

すばやくかっさらって行きます。


メトロの中でのスリはもう説明の必要はありませんが

以前、RERと地下鉄の乗り換えのある駅で

(といえば郊外の不良がたむろしている駅なんですが・・)

エレベーターで追い越して来た不良に

顔面を何度も殴られ、携帯をひったくられた女性を見ました。



サルコジ元大統領も就任直後は警官を大勢配備して

街の治安に力を入れていたんですが

その後の経済危機でそんなどころではなくなり

そしてこの度フランスは左派政権になりましたから

今後は・・・

ますます自分の身は自分で守る術を

身に着けなければイケナイかもしれないです。



いきなり歩いていたら通り魔に襲われてしまう

日本よりは物品を狙われるほうが安全かもしれませんが。。


どちらにせよ、自分の財産・命を守るために

気をつけたいものです。

パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
滞在許可証という名の足かせ
フランスで私たち外国人が生活していくためには必ず
滞在許可証なるものが必要です。
(日本での外国人登録証のようなものでしょうか)
その人のコンディションによって種類や期間が色々あるのですが
学生の場合大体1年ごとの更新ということになり
私たちEU人の家族の場合は最長で10年です。


↑こういうもの

突然なんですが、昨夜お友達のお父さまが亡くなられました
数日の入院であっという間に亡くなられたそうです。
タイミングの悪いことに、その友達はなんと滞在許可証の更新中でした。
レセピセ(仮滞在許可証)もなく、ランデヴ待ちの状態。

すなわち国外に出られない(出れるけど帰ってこれない)状態。

期限が切れているのに更新しなかったわけではなく
何もかも手際が悪いフランスでは滞在許可証更新&発行
までの道のりはかなり長いようです。

しかも、関係部署に「身内の不幸があって」と言っても
何も特別なことはできないと言われ、もう一度他の人に同じ事を言ったら
あっさりと国外に出れる書類を貰ったと。

(この担当する人の運によって結果が違うというのも
とても驚きますが実際にすごく頻繁にあることなのです)

という訳で、最期には会えなかったものの
無事国に帰れることになった彼女
日曜日の飛行機でパリを発つことになりました。
明日会うんだけどなんて言葉をかけたらいいのかな・・・

彼女が住んでいる「外国」が日本ならまた状況は違っただろうな、とか
彼女のお父さんがもっと早く病院に行ってたら・・・
と「たら」を考えだすとキリがないのですが
私たち海外に身を置いているものは、いざというときには
会えないかも・・という覚悟をしておかなければいけませんね。

里帰りするたびに老いてるのを感じる親や祖父母
生きてる間にできる限り一緒の時間を過ごしたいな。

パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
四月の魚 Poison d'avril !
 




Les enfants mettent un poisson en papier

dans le dos des autre personnes le premier avril.


フランスのエイプリル・フール

子供たちは魚の形をした紙を

こーっそり誰かの背中に貼り付けます


パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
エッフェル塔夜の顔 La Tour Eiffel illuminée
 



Moi et mon amie sommes allées regarder

l'illumination de la Tour Eiffel.

Le journal japonais a ecrit qu'elle fait une illumination

 spéciale pour son 120e anniversaire.

En fait, il n'y avait rien de plus que d'habitude.


エッフェル塔のイルミネーションを見に行きました

パリの日本語新聞には今エッフェル塔では

120周年のスペシャルイルミネーションが・・・

と書かれていたのですが

全く持って通常の5分間のイルミネーションのみでした(汗)

パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
Pili Pili
皆さん、これ何の雑誌かわかりますか?

雑誌の名前は『 Pili Pili (ピリピリ) 』



色んなお店のお得情報やクーポンが付いている雑誌

・・・と言えばもうわかりますね!

なんとあの『ホットペッパー』のフランス版です

※ Pili Pili (ピリピリ)とはその響きの通り
唐辛子をあらわす俗語なのです。
(正式にはpiment rougeと言います)

 

パリでは無料配布されている情報誌はすごく多くて

↑ こんなの。なんどDirectはmatin(朝)とsoir(夜)二度も配布されます。

内容もそのときの旬の映画紹介やエクスポジションの紹介そして

天気予報、星占い、TVの番組表と盛りだくさん!

メトロの駅などで山積みになっているのを見かける方も多いと思いますが

さすがに雑誌のようにきちんとした装丁になっているPili Piliは

駅前でスタッフが手配りしておりました。

財布の紐がとーっても硬いパリジャン&パリジェンヌたち

(あえてケチとは言いません〜笑)

このクーポン&割り引きの情報誌のコンセプト、

すごく受けるんじゃないかな〜!!
パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
ルル・ゲインズブールを知っていますか?


ちょっぴり加藤雅也さん風のこのイケメン

セルジュ・ゲインズブールのご子息なのだそう。

 

お母様はゲインズブールの最後の妻となった

バンブーさんという歌手兼モデルなのだとか

ゲインズブール一家と言えば

ジェーン・バーキンそしてシャルロット・ゲインズブール

と言う印象が強いですが

実は何度も結婚、離婚されていたのですね〜



パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
バテムとドラジェ
昨日の日曜日は
とある事情により、まーったく面識のないご夫婦の赤ちゃんの
baptême バテム(洗礼)のあとのパーティにお呼ばれしました。(笑)

(こういうのは人数が多いほうが良いのでしょうか?)

赤ちゃんの名前はルカ君
3ヶ月とは思えないハッキリした表情
私より高いかも知れない鼻(笑)
日本の赤ちゃんとは全然違いますね〜



そして帰りにはお土産にdragée ドラジェを頂きました



ドラジェって結婚式だけのものかと思っていたけど
洗礼式にも使うんですね〜

たまには全く知らないほかの宗教のしきたりに触れるのも
面白いものですね。
 
パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
エッフェル塔の花火など・・・


1週間ほど更新をサボっている間に
パリでは14 Juillet (キャトーズ・ジュイエ)と言う
フランス革命を祝うお祭りがありました。

こちらのお祭りは毎年行われていて
『フランス革命』のお祭りと言うよりは、例年のごとく
戦車や軍用機や軍隊の'みせびらかし'パレード
と言った感じなのですが

今年はエッフェル塔の120周年記念と言うことで
シャン・ド・マルスでジョニー・アリデのコンサートあり、
フランスの花火史上最大の花火あり、
と熱〜い一夜となったようです。

地下鉄の混雑を想像しただけでも恐ろしくて
TVで見てるだけ〜の私でした・・・

YOUTUBEで動画ありましたので
気分だけでも14 Juilletをお楽しみください〜
パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
30 millions d'amis

Chaque été, des dizaines de milliers d'animaux sont victimes d'un crime... Un crime ordinaire : l'abandon

毎年夏、数万の動物が犯罪の被害者となります・・・
平然と行われている犯罪。それは放棄。



http://www.30millionsdamis.fr


サイトを訪問して初めに流れる画像は

8年間 一緒の生活
本当に信じあっていたのに
なのに(飼い主に)迷いはない・・・

(飼い主が)どう決断したのかわからない
それでも大好きだった・・・

と言った字幕が入っています




最近メトロで良く見かける広告なんですが
ヴァカンス前のこの時期本当に心が痛みます。

今日のニュースで取り上げられていてビックリしたのだが
毎年8万頭の犬や猫、ペットがヴァカンスに不都合だと
遺棄・放棄されているとか。

車でヴァカンスに向かう途中、ペットを捨てて
ヴァカンスに向かう人も多いのだとか(涙)

フランス人はヴァカンスヴァカンスとウルサイが
そんなことまでして行くヴァカンスに意味はあるのか?
と思います。

日本に居る皆さんは信じられないかも知れないが
テレビや雑誌でとりあげられる映像や写真から
ワンコを連れて歩く人たちも多く
お犬様お猫様天国のように写るフランスだが
意外とペットたちの地位は低いように思う。

道路にあふれていたウンコも考え方を変えれば
犬が横柄なのではなく、それを飼う飼い主に愛情やモラルがないから。

日本も依然として自分で保健所に処分依頼しに来る飼い主
神経を疑うような飼い主ブリーダーが絶えませんが
これは日本だけの問題ではないのですね。

ひと夏の旅行のためにペットを捨てるっていうのは
日本より重症のような気もする・・・



パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
Foire du Trone
春から夏に掛けてのフランスの風物詩とも言える
『Foire du Trone』という移動式遊園地へ行ってきました

せっかくネオンぎらぎらでキレイだから夜に行こうってことで
遊園地についたらもう10時過ぎ(笑)
まったく人が居ないわけではないがほとんど貸切状態で楽しめた拍手



この時期パリに来る・居る方は是非行ってみてくださいな
メトロ8号線のSaint-Mandéが最寄駅ですジョギング
こちらでのFoire du Troneが終わったら
規模が小さくなりますが色んな場所へ(たとえばチュイルリー公園)
移動して行きますよ。

http://www.foiredutrone.com/

◆オマケ◆

これが一番怖そうでした!
座ったまま塔の最上部まで行ってそのまま落下冷や汗



↑写真撮ってみたのですが早すぎて足しか写ってないダンナです汗



望遠ですが下から見るとこんなに高い〜
(右から2番目がダンナの足。笑)

あ、ちなみにワタクシ
本格的な高さと速度のジェットコースターが左右に揺れ過ぎて
でクビを痛めてしまいました〜o(;△;)o
だって・・・移動式だけに作りがちゃちなんだもん。。
パリ&フランス事情 * paris et france | - | -
Search this site :